木造新築住宅 NEWLY WOODEN HOUSE

先日、「その時、建築士になにが期待されているのか」が
主題の集まりがありました。
以前は人生0歳(子供)から65歳 (会社勤めが終わる)の後、
5年~8年で生涯を終える時代でありましたが、
今は20年以上家庭で過ごすことが
当たり前の時代になっているそうです。

また、全国に空き家が700万世帯
(四国、九州、沖縄の全世帯と同じ)あり、
時代は高齢化ではなく高齢社会になりました。
夫婦二人暮らしと単身世帯を合わせると
全国の50%の世帯になるそうです。
そこで当社は、これからの住宅をお考えの方には、
不動産価値がある住宅をお勧めします。

不動産価値がある住宅とは

気密性・断熱性AIRTIGHTNESS & INSULATION

気密性・断熱性室内の熱を逃しにくく、外気温の影響も受けにくいので、
効率の良い冷暖房(省エネルギー)で家中快適温度に保ちます。
夏や冬の部屋間の急激な、温度差は身体への負担が大きくなります。
部屋間の温度差を少なくすることによりヒートショックを抑えます。

スーパーウォール工法

SW(スーパーウォール)工法は、独自の高性能SWパネルによる、
高気密・高断熱・高耐震構造。
冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や
空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

詳しい情報はこちら

耐震性・耐久性QUAKE RESISTANCE & DURABILITY

耐震性・耐久性のある建物は、地震や台風に強く安心です。
また、壁体内結露が発生しにくい構造なので、 大切な住まいが長持ちします。
耐震性・耐久性

スーパーストロング構造体

消防署や警察など防災の拠点となる建物が、
このスーパーストロング構造体の基準に
相当します。

詳しい情報はこちら

  • 建築基準法の1.5倍「耐震等級3」相当の耐震設計

    建築基準法の1.5倍
    「耐震等級3」相当の耐震設計

    スーパーストロング構造バリューの家は、全棟「耐震等級3」相当を実現。耐震等級3の設計は、災害時に防災拠点となる消防署や警察署と同等の耐震性能です。

    ※「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性能表示とは区別したものです。

  • 全棟「耐震等級3」相当を支えるLIXILの設計検査設計

    全棟「耐震等級3」相当を支える
    LIXILの設計検査設計

    LIXILでは、住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに「耐震等級3」相当の設計検査を実施。お客様には「設計検査報告書」をお渡しします。

  • 万が一の震災も安心<br>耐震保証

    万が一の震災も安心
    耐震保証

    万が一、地震の揺れで家が全壊した場合、
    最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担いたします。

地盤調査から始まる住まいづくり

安心して暮らせるマイホームを建てるために忘れてはいけない地盤対策。
地盤の強さを知って適切な対策をすることが、実は住まいづくりの第一歩です。
正しい知識を身につけて安心の住まいづくりにお役立てください。

詳しい情報はこちら

余ったエネルギーの有効活用EFFECTIVE UTILIZATION OF ENERGY

自然の恵みを利用してお湯を作り出すことが出来れば、安心して暮らせます

システムイメージ

上図のような仕組みで、「太陽熱」と「空気熱」利用で給湯し、光熱費を削減することができます。

住宅ローンをお考えの方へ
「フラット35」のご案内
TO PEOPLE THINKING ABOUT MORTGAGE LOANS

住宅ローン、長期に払い続けるお金を楽に返済していきたい!
では、どこの銀行に頼むのが、良いのでしょうか。

地元で古い付き合いの銀行様は優遇もあると思いますし、銀行スタッフさんとも面識があったりするので安心して借りられます。
しかし、どこの銀行も融資仮審査から本審査まで簡単には通らないことがあると思います。
弊社ではフラット35をお勧めします。

なぜおすすめするのか?

  1. 細かい技術基準と検査をクリアしなければ融資を受けられません。
    言い換えるとそれだけ性能の良い住宅のお墨付を得られるという事です。
  2. 金利が一定で変動しません。
  3. 省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性・可変性のいずれかの基準を満たせば、さらに金利が下がります。
  4. 弊社事務所でも手続が済みます。
  5. 他銀行で仮審査が通らなくても相談してください、審査が通りやすいです。

なぜ低金利なの?

公的な住宅金融機関の商品なので、時代に合った施策、経済対策、政策誘導等を国交省との連携がされていて、
優良な住宅への導きや住宅建設の活性化等の為、今のところ超低金利で融資を受けられる訳です。

詳しい情報はこちら

TOP